ガジェット

cote&ciel(コートエシエル)のメッセンジャーバッグODER-SPREEを購入してみた


こんにちは。

最近新しくバッグを購入しましたので、本ブログでレビューしたいと思います。
今回購入したのはこちら。フランス発のモバイルデバイス用バッグブランド「cote&ciel(コートエシエル)」のメッセンジャーバッグ「Oder-Spree(オーダー・スプリー)」というモデルとなります。

ODER-SPREE
OBSIDIAN  BLACK
CC-28678

cote&ciel(コートエシエル)はどんなブランド?

cote&ciel(コートエシエル)は2008年にパリで設立されたブランドで、Apple社認定のスマートフォンケースなどを制作していたデザインチームが立ち上げました。主にPCやタブレットなどを収納できるバッグやアクセサリといったアイテムを販売しています。

その繋がりもあり、cote&cielはApple社認定ブランドという位置づけとのことです(ただし現時点では少なくとも日本のApple Storeでの取扱はしていない模様です)。アップル社の前CEOであるあのスティーブ・ジョブズ氏も同ブランドの代表的なモデルであるISAR(イザール)というバックパックを愛用していたという逸話も残っています(・・ただ、ネット上のいろんなサイトでこの話を見かけるものの、イマイチ真偽は定かでは有りません・・。ホントなんですかね?)。というわけで、僕のようなアップルオタクな人達にとっては以前から知名度の高いブランドではないでしょうか。

cote&ciel ODER-SPREEのレビュー

それでは今回購入したODER SPREE(オーダー・スプリー)OBSIDIAN BLACKのレビューをして参ります。

外観

今回僕が購入したのは「OBSIDIAN BLACK CC-28678」という艶消しPUコーティングを施した撥水性があるポリエステル製のモデルです。色はブラックです。

正面

正面からみるとこんな感じ。両サイドに大きなファスナー式のポケットがあります(このポケットの使い勝手は後ほど述べます)。

本体正面部には革製のタグが付いています(本革なのか人工皮革や合皮なのかは不明)。

背面

背面はこんな感じ。大きいポケットが一つあります。ファスナー等はありませんが、身体に固定する為のベルトを上記写真のように用いることで中に入れたモノが落ちないような工夫がされています。

上面

本体上部はこんな感じ。たっぷりとした収納を持つ部屋(写真上部)とMac(PC)を収納する部屋(写真下部)に別れています。

止水ファスナーが採用されているようです。引き手とスライダーの金具は「cote&ciel」のロゴが入ったお洒落なデザインになってますね。ポリエステル素材&止水ファスナーの採用により高い防水性が期待できそうです。ノートPCやタブレットなどを持ち運ぶバッグで防水性があるかどうかは非常に大きい要素になってきます。
一方で、止水ファスナーの宿命かもしれませんが開け閉めが若干固い印象です。

梱包袋

ちなみにバッグ本体は上記写真のような高級感のあるロゴ入りの布製袋に入っておりました。なお、今回購入したのは正規取扱店舗で購入した国内正規品ではなく並行輸入の品ですので、国内正規品とは異なる可能性があります。

収納部

次に各収納部を紹介します。

PC格納部

試しに僕が愛用しているMacBook Air (Retina, 13-inch, 2018) と手帳(B5サイズ)を入れてみました。見ての通り13インチのMacBook Airがなんとかギリギリ収まるくらいの大きさしかありません。同ブランドの超定番モデルISAR(イザール)などと比べるとクッション性の高い素材でガチガチに守られているわけでなさそうです。ここら辺はやや不安に感じる人もいるかもしれません 。不安な人は別途ノートパソコン用インナーケースを兼用して下さい・・と言いたいところですが、前述の通り13インチのPCがギリギリやっと入るくらいですので、大きめや厚手のインナーケースはもちろん、かなりキツキツに作られたインナーケースでも入らない可能性が大かと思われます(実際手持ちのケースを幾つか試して見ましたがほとんど入らなかった)。

その他荷物格納部

もう一つの収納部はこんな感じ。側面にファスナー付きの小物入れが一つあります。
容量はまあまあの大きさです。マウス、ACアダプタ、モバイルバッテリー等々のモバイルデバイス周辺機器をがっつり入れることができそうです。自分的にはこれくらいの容量で十分です。
また、一眼レフクラスは厳しいかと思いますが、比較的小型のミラーレスであればカメラを収納することも余裕かと思います。ただしこちらは全くクッション性が無い素材ですのでご注意下さい。

正面ポケット部

正面に左右に1つずつあるポケットは意外に大容量。僕が愛用しているかなりバカデカイ長財布を入れてみますが・・・・
ちゃんと閉まりました。

なお、500mlのペットボトルは入りませんでした(ただし、頭がはみでるもののファスナーを閉めれば使えないこともない)。350mlくらいまでのペットボトルや水筒なら入ると思います。

良いところ、気になるところ

1週間ほど使ってみましたので、このバッグの良いところ、ちょっとだけ気になるところを述べたいと思います。

良いところ

  • バックパックと違い、スリングすることで容易に体の前面に持ってくることができるので、財布などの取り出しが非常に楽です。また、混んでいる電車やバスに乗る時も一瞬で体の前に持ってくることができるのが嬉しいですね。
  • 同ブランドの超定番ISARはぶっちゃけ外で被りまくりますが、このODER-SPREEを使っている人はあまり見かけない。
  • バッグ背面についているベルトを外し肩掛けベルトのバックルに装着することで体に密着させられるので自転車での移動の際も安全にモバイルデバイスを持ち運ぶことができます。
  • 正直cote&cielって20〜30代のチョット意識高そうな青年がカフェでドヤって使ってそうなイメージだったのですが(失言ですね、ごめんなさい)、「自分より年上のジョブズ氏が使ってたのなら僕だって大丈夫だろう・・」と思い買ってみました。結果、僕みたいなアラフィフおじさんでも意外に似合う(・・と勝手に思ってます)。ただ、ISARのバックパックはおじさんにはちとつらいっすね。

ちょっとだけ気になるところ

  • 先ほども述べましたが防水性のある止水ファスナーを採用しているせいか、ファスナーの滑りが悪く、開け閉めに少々難儀することがあります。
  • PUコーティングされたポリエステル素材はちょっと手の脂(?)などの付着や使用に伴う皺が多少目立つ印象です。これから経年劣化でどうなるのかが気になるところです。
  • 置いたときにイマイチ安定しないので、一度カフェの椅子に置いといたら転がって床に落ちてしまったことがありました。

総評

僕は今までメッセンジャーバッグとかボディバッグのようなスタイルのバッグはほとんど使った事が無かったのですが、このODER-SPREEは思ったより使い勝手がよく今のところ大満足しています。
気軽にMacBook AirやiPadを外に持ち出せるので、たまにはカフェや公園などでこのブログを書くのに使ってみようかなあ・・なんて思ってます。
なお、持ち手が無いメッセンジャーバッグなのでさすがにビジネスシーンでの使用は厳しいかもしれません。とはいえ、客先への訪問がない職種で比較的「緩い」企業にお勤めのビジネスマンであれば通勤用としてスーツやジャケット姿でこのバッグを使ってもそんなに違和感はないかなと思います(個人的には全然アリ)。もちろん自転車で通勤する人には本製品は良い選択になると思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です