Apple

【ケース編その5】iPhone 11シリーズのレンズ周りまで完全に防御、0.35mm超薄型ケース「TOZO ULTRA-THIN」レビュー


こんにちは。
当ブログの運営者「シタオジ。」です。

iPhone 11 Pro Max 256GB(スペースグレイ)を購入して以来、相変わらずチョコチョコとケースを買い漁っています。
今回はiPhone 11 Pro Max用に購入したケースのレビュー第5弾ということで、「TOZO ULTRA-THIN」を紹介します。

【ケース編その1】Apple純正レザーケース - ミッドナイトブルーこんにちは。 当ブログの運営者「シタオジ。」です。 先日iPhone 11 Pro Max 256GB(スペースグレイ)を購入したので...
【ケース編その2】今回も安定の超定番ケース!パワーサポート Air Jacket Clearこんにちは。 当ブログの運営者「シタオジ。」です。 先日iPhone 11 Pro Max 256GB(スペースグレイ)を購入の際に合...
【ケース編その3】アラミド繊維の衝撃の薄さ・軽さ・強さ!PITAKA MagCase for iPhone 11 Pro Maxレビューこんにちは。 当ブログの運営者「シタオジ。」です。 発売日にiPhone 11 Pro Max 256GB(スペースグレイ)を購入した...
【ケース編その4】透明な背面強化ガラスの美しさと耐衝撃性を兼ね備えたiFace Reflection(アイフェイス リフレクション)レビューこんにちは。 当ブログの運営者「シタオジ。」です。 発売日にiPhone 11 Pro Max 256GB(スペースグレイ)を購入して...

TOZO for iPhone 11 Pro Max Case 6.5 Inch(2019), Ultra Thin Hard Cover [0.35mm] World’s Thinnest Protect Bumper Slim Fit Shell [ Semi-Transparent ] Lightweight with [Matte Finish Black]・・・でいいのかな?

埃が・・・

実はこのケースですがメーカーの素性や、商品の正式な名称がイマイチわかりませんでした。
↑の長〜い商品名はこのケースの公式販売サイト(?)に記載されている名前です。
製造元はShenzhen Worgo Technologyという中国の深圳市の企業のようですが、ブランド名の「TOZO」の読み方も『トゾ?』『トツォ?』なのかよくわかりません。
Amazonにはこういう謎(?)な中華系メーカーの製品が星の数ほどございますよね。

今回僕が購入したのはiPhone 11 Pro Max用ですが、iPhone 11用、iPhone 11 Pro用もございます。なお、カラーバリエーションは全機種ともこのMatte Finish Blackのみのようです。

特徴

僕はAmazonで購入したのですが、Amazonの商品説明欄は日本語がムチャクチャでさっぱり意味がわかりません(笑)。英語の公式販売サイト(?)に記載されている内容を抜粋したこのケースの主な特徴は以下の通り。

TOZO ULTRA-THINケースの特徴
  • 世界最薄(※)0.35mmのハードケース
    ※実際にはさらに薄い「0.3mm」を謳っているケースもありますが・・(汗)
  • 半透明のマットな素材で指紋や油脂の付着を防止
  • カメラのレンズホール周りまで完璧に保護
  • Lightning端子やスピーカー穴も正確に切り抜き

なお、公式ストアを読んでも素材が明記されていないような気がしますが(というか、TPU云々という記載があるけど多分記載ミスっぽい)、おそらくはPP(ポリプロピレン)かと思われます。違っていたらごめんなさい。

パッケージ

パッケージは簡易な包装です。実売1,000円以下で購入できるケースですから当然です。
パッケージには「TOZO ULTRA-THIN for iPhone The New iPhone 2019」と記載がされています。

中身を取り出すとこんな感じ。
触ってみると流石に恐ろしく薄いです。そして軽い。

重量を測ってみましたが6.6gと超軽量ですね。

iPhone 11 Pro Max(スペースグレイ)に装着

僕のiPhone 11 Pro Max 256GB(スペースグレイ)に装着しました。
スペースグレイのiPhone Pro Maxに装着すると本体色とケースの色味が似ているので、一瞬何も着けていないように見えますね。
このケースの売りである「世界最薄0.35mm(※)」ですが、実際に装着してみると確かに恐ろしく薄いです。手に持ってみても「生」のままのiPhoneとサイズ感がほぼ変わりません。
※繰り返しになりますが、実際にはさらに薄い「0.3mm」を謳っているケースもあります。まあ、ほぼ誤差の範疇だとは思いますが・・。
また、前述の通りケース重量は僅か6.6gしかないので、重量感も「生」のままと変わりません。
この薄さと軽さからもたらされる「何も付けていない感」は自分が知ってる限り、スマホケースの中ではトップクラスだと思います。
とは言いましたが、素材がマットでさらさらした質感ですので、触った感触は「生」とはだいぶ異なります。
ちなみにこの持った感触は個人的には好きです。

では、各部を細かく見ていきたいと思います。

背面

背面にはロゴ等の装飾はなにもありません(そういうの好き)。

ほのかに林檎マークが透けて見えます。ここはポイント高いですね。

カメラレンズ周り

(個人的に感じる)このケース最大の特徴ですが、ほとんどのケースがカメラレンズ周りは「四角い窓」を切り抜くようにカットされているのに対して、本ケースは3眼それぞれのレンズとフラッシュの周りを完璧にカバーしています。
このケースはiPhone 11シリーズの発売と同時期に発売されたと記憶してますが(本記事を書いているのは2019年11月下旬ですが僕がこのケースを購入したのは9月の終わり頃)、Appleから提供される図面だけでここまで高い工作精度のケースが作れるのには驚かされます(実は闇のルートで・・みたいな話かもしれませんが)
また、肉眼で見てもほぼ分からないレベルですが、公式販売サイトの情報をみるとレンズより極僅かに(0.2mm)ケースの方が高く設計されているので、テーブル等に置いてもレンズ部が直接当たることはなさそうです。

画像引用:TOZO STOREより

 

 

前面(ディスプレイ部)

僕のiPhone 11 Pro Maxには現在Spigenの『iPhone 11 Pro Max / iPhone XS Max 用 Glas.tR AlignMaster』という保護ガラスを貼っていますが、その場合、明らかにガラス面がケースの高さより出っ張った状態になりますので、テーブルなどに置いた状態だとディスプレイ面が直接当たります。
また、目視で確認する限り、おそらくは保護ガラス、フィルムを貼らない状態でも直接ディスプレイ面が当たってしまうと思われます。
このケースはディスプレイ面を保護する思想では設計されていないようですので、保護ガラス、フィルムが必須になってくると思います。
なお、僕が使っているこの保護ガラスはディスプレイ面をフルカバーするタイプの製品ではないので、ケース側面部と干渉することはありませんが、フルカバータイプの保護ガラスだと製品によっては側面部と干渉し浮いてしまう可能性はあるかもしれません。

底部

Lightning端子周り、スピーカーやマイク穴周りとも完璧に切り抜かれています。
やはり工作精度がめちゃくちゃ高いと感じます。
ケース素材が超薄であることから、Lightning端子に各種周辺機器を接続する際もおそらくほぼ影響はないと思います。

上部

ケース上部にはこれといった特徴はなし。

側面部(サウンドオン/オフスイッチ、音量スイッチ)

かなりギリギリで切り抜かれているので、iPhone本体の露出はほぼありません(ただしボタン類は剥き出し)。
超薄ですのでマナースイッチ(サウンドオン/オフ)も「生」のように指の腹で切り替えることが可能です。

側面部(スリープボタン)

スリープボタンをギリギリで切り抜かれています。ボタン自体は剥き出しのままですので操作感は「生」と変わりません。

まとめ

このケースを選ぶ人は最初からわかって購入されるとは思いますが、このケースはあくまでもiPhoneを擦り傷等から守るための製品であり、落としたりぶつけたりした場合における耐衝撃性能についてはほぼ皆無だと思うべき製品です。
その代わり「超薄」「超軽量」により、ほぼiPhoneを「生」で持っているような感覚で使うことが可能です。
実売1,000円以下(2019/11/24現在でAmazonプライム会員なら799円)と非常に安価ではありますが、個人的にはお値段以上の価値があるケースだと思いました。

  • 実売1,000円以下と非常に安価。
  • サイズ感・重量感がほぼ「生」の状態と変わらない・
  • カメラレンズ、コネクタ、スピーカー&マイク部まで完璧にカバー(スイッチ部分くらいしか剥き出しになる部分がない)。
  • 落下時の衝撃吸収性能はほぼ無いに等しい、基本的にはキズ防止に特化したケースと認識するべし。
  • さらさらした質感は持ってて気持ちが良いが、反面滑りやすい。スマホリングの接着もあまりよくない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です